交通事故の慰謝料

交通事故の慰謝料請求では、算出方法がほかの慰謝料よりも資料が必要になります。しかし、事故に遭ってから明らかに生活が変わってしまった事や、体調、メンタルの面なども含めて、すべてを並べて算出していきます。交通事故の慰謝料では、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料とあり、どちらも診断書や認定書が必要になりますので、その診断書をもとにして算出していきます。

入通院慰謝料は、保険料で支払われることになりますが、これは法的にも正しい算出方法で支払をしてきています。診断書をもとに、通院1日いくらとか、入院1日、手術はいくらなどの算出方法です。それに従い、お見舞金などが発生する保険会社もあります。

また後遺障害が残っていて認定されている人は、その認定の級によって慰謝料の相場がほぼ決まっているので、その支払いをするように提示するだけです。まれに慰謝料の請求で加害者と揉めてしまうケースもあります。そういった場合、残念ですが個人での解決は難くなりますので弁護士や行政書士などに相談すると良いでしょう。

参考>>交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談|アディーレ法律事務所

慰謝料とは相手に対する誠意であり、本来であれば算出して支払うものではないかもしれませんが、どれくらいが気持ちであるのかという間がないので、こういった法的処置にて、賠償金を支払う事で償う事になります。加害者になってしまった場合は、提示された賠償金をしっかりと受け止め、支払うようにしましょう。